Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの強い抗腫瘍活性 3

スポンサードリンク

フコイダンの強い抗腫瘍活性 3

フコイダンの製品で、バイオ研究所が開発しているガゴメコンブ・フコイダン(平均分子量:約20万)を、がん細胞(Sarcoma-180)を皮下移植しておいたマウスを使い、オキナワモズク・フコイダン、・フコイダンと比較した実験を行いました。

マウスには約4週間に渡って、一日約1.5gのフコイダンを経口投与させました(体重1kg)。

フコイダンを摂取させないマウス群との比較において、ガゴメコンブの腫瘍抑制効果が高いことが明らかになり、その抑制効果はオキナワモズク・フコイダンに対しては2.7倍。

・フコイダンに対しては、1.4倍もの強い効果が認められたそうです。これらに大きく貢献しているのは、ガゴメコンブ・フコイダンの硫酸基含有量の多さに基づくと考えられています。

また、がん細胞を移植されたマウスの、免疫力の強さを示す脾臓細胞のモズク自然免疫a href="http://technorati.jp/tag/%E3%83%8A%E3%8は、ガゴメコンブ・フコイダンを与えられなかったマウスよりも、与えられたマウスからは、よりNK活性が増強されていることが確認されています。

モズク自然免疫a href="http://technorati.jp/tag/%E3%83%8A%E3%8が強化された背景は、ガゴメコンブ・フコイダンの経口摂取によって、マウスの免疫系が活性化された結果、腫瘍の増殖を抑制することが出来たと考えられ、フコイダンのに大きく期待できるものとしています。

では、引き続きガゴメコンブ・フコイダンのに関する研究を進める方針で、としての開発をするとしています。

 <  前の記事 フコイダンの強い抗腫瘍活性 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの強い抗腫瘍活性 4  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴