Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの強い抗腫瘍活性 2

スポンサードリンク

フコイダンの強い抗腫瘍活性 2

フコイダンは褐藻類を原料にする食物繊維であり、バイオ研究所では1984年ごろよりフコイダンに関しての研究を進めています。

では、関西方面で昔からトロロコンブの原料として愛用されるガゴメコンブに、特に注力して研究しフコイダンのとしての効果について調べてきました。

フコイダンのとフコイダンが体内に与えるの両面から研究を行ってきた結果、世界で初めてガゴメコンブに最低3種類のフコイダンが存在する事を明らかにしたのもでした(1998年9月30日、2000年3月14日発表)。

3種類のフコイダンが存在することで、ガゴメコンブに含まれるフコイダンのは、モズクやなどの他の褐藻類のフコイダンとは異なり、についても大きく差異があることが明らかになりました。

 <  前の記事 フコイダンの強い抗腫瘍活性 1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの強い抗腫瘍活性 3  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴