Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの強い抗腫瘍活性 1

スポンサードリンク

フコイダンの強い抗腫瘍活性 1

フコイダンの強い抗腫瘍活性について、バイオ研究所が2006年8月17日にガゴメコンブのフコイダンがより強いを有するなどを発表しました。

主要な褐藻類に含まれるのフコイダンの比較をしました。

オキナワモズクや由来のフコイダンと比べ、ガゴメコンブ由来のフコイダンがマウスの経口摂取の実証実験でより強いがあることが確認されたと発表したもの。
この実験内容は9月28日に横浜で開催される第65回日本癌学会学術総会で発表するとしています。

日本人の死因の第一位はがんであり、悪性新生を続ける増殖するがん細胞によって、命が奪われています。
社会のや食生活やの変化で、がんの罹患患者は益々増加しています。

日本人のがんの比率は、胃がんやなどの消化器系が多く見られ、食生活の改善が強く示唆されています。

 <  前の記事 フコイダンは多糖類  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの強い抗腫瘍活性 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴