Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとピロリ菌

スポンサードリンク

フコイダンとピロリ菌

フコイダンはピロリ菌を除去する効果にも優れています。

胃潰瘍や胃ガンの原因の一つとして、問題視されるようになったピロリ菌ですが、
ピロリ菌は一度、わたしたちが感染すると、強力な除菌をしないと、
一生住み着くといわれている、余病を発祥しやすい状況を作ってしまうピロリ菌です。

感染者は非常に多くて、10代では20%、40代では80%もの人が
感染し、保有しているといわれています。

ピロリ菌は、胃粘膜にも存在する硫酸基が好物で、
胃粘膜に吸い付く特性を持っているのですが、フコイダンのヌルヌル物質の
硫酸基は胃粘膜と同じ性質なので、フコイダンの硫酸基がピロリ菌をおびき寄せるように
代わりになって吸い付けてしまいます。

フコイダンに吸い付いたピロリ菌は、へと押し流されてしまうので
胃への障害を起こすことが出来なくなるので、フコイダンの効果は
ピロリ菌にも有効な手段であるといえそうです。

フコイダン 胃がん

 <  前の記事 フコイダンのアポトーシス作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはフコース含有硫酸化多糖  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴