Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの効果 がん細胞が死滅するアポトーシス 4

スポンサードリンク

フコイダンの効果 がん細胞が死滅するアポトーシス 4

フコイダンは褐藻類に含まれる成分ですが、日本は縄文時代の古来より褐藻類を食用してきた民族であり、昆布の日本最大の消費県である沖縄では長寿がよく知られています。
沖縄県の昆布の消費量は、一日1gと言われ、人口10万人当たりのがんによる死亡率は、沖縄県が最も低く、海藻類が健康に効果があることが明らかです。

日本の昆布の消費量の平均は、一日当たり0.5gといわれていますが、これをU-フコイダンの摂取量に換算すると、約5mgに相当します。

現在の研究は、Uーフコイダンの効果を生体中においての作用を解明することに注力されています。
もしもU-フコイダンが、増殖をし続け生命体に危険な存在であるがん細胞だけを、アポトーシスによって自殺誘導させ、がん細胞だけを消滅させうることが出来れば、副作用の心配が要らない夢のようながん治療法を提供できることになります。

 <  前の記事 フコイダンの効果 がん細胞が死滅するアポトーシス 3  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン製品をきむらやが開発 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴