Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの効果 がん細胞が死滅するアポトーシス 2

スポンサードリンク

フコイダンの効果 がん細胞が死滅するアポトーシス 2

フコイダンに2種類あるのだということを発見したのは、バイオ研究所と(株)糖鎖工学研究所の共同研究です。
一つはF-フコイダンと呼ばれる、硫酸化フコースからなるフコイダンと、二つはU-フコイダンと呼ばれるグルクロン酸を約20%含むフコイダンです。

この研究では、が大阪大学と共同で開発していた糖鎖構造解析法;ピリジルアミノ化法を駆使し、U-フコイダンの推定構造も明らかにしています。

フコイダンが、受精阻害作用、コレステロール低下作用を持つことはすでに明らかにされているのですが、未だ研究段階になっています。

と糖鎖工学研究所の共同研究では、特にについて注目し研究が進められました。そのフコイダンの研究の結果、U-フコイダンが活発に増殖を続けているがん細胞において、細胞の自殺を引き起こさせる効果がある事を発見しました。

 <  前の記事 フコイダンの効果 がん細胞が死滅するアポトーシス 1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果 がん細胞が死滅するアポトーシス 3  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴