Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンのアポトーシス

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス

フコイダンにはがん細胞に自滅スイッチを入れさせる、アポトーシス誘導をすることで知られています。

アポトーシスとは、細胞が自殺して消滅するメカニズムのことで、何らかの特殊物質の存在であったり、異常環境の下にあった場合、まや細胞が老化した場合に起こる、遺伝子に組み込まれた細胞の持つシステムのことです。

細胞が毒物や物理的な損傷によって引き起こされる、壊死(ネクローシス)とは厳密に区別されるモノです。

アポトーシスは細胞を新陳代謝によって新しく作り直すという、生命体に必要な細胞中に組み込まれたシステムなのですが、がん細胞はアポトーシスのスイッチが壊れ、増殖を続けます。

アポトーシスが発動されると、細胞の設計図に相当する)は、細胞自身の分解酵素によって切断され、細胞の自殺が起こるメカニズムです。
生命体に有害な細胞は、このアポトーシスによって排除され、健康を維持するためのシステムと考えられています。

がん細胞はこのアポトーシスが完全に働かなくなった細胞ですが、フコイダンはアポトーシスを誘導させがん細胞だけを死滅させる効果があることが知られています。

 <  前の記事 フコイダンの血栓形成抑制効果 4  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果 がん細胞が死滅するアポトーシス 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴