Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンのアポトーシス作用

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス作用

フコイダンの人体における驚愕のパワーと効果の一つに
ガン細胞を自滅させるアポトーシス作用があります。

生物のすべての細胞がもつアポトーシスとは
「細胞を自らを死なせてしまう」メカニズムのことで
おたまじゃくしがカエルになるとき尻尾がなくなるのもアポトーシスによるものなのです。

がん化してしまった細胞を自滅させるパワーが、フコイダンにはあるのです。


フコイダンが持つアポトーシススイッチとはどんなことでしょう。

身体に吸収されたフコイダンが、がん細胞と接触するときに
表面に飛び出ている細胞の自滅スイッチが押されるのです。

自滅スイッチが押されると、がん細胞の核に信号が送られて、
DNAが壊され、細胞が自ら死滅します。

これがフコイダンによるがん細胞への一次攻撃です。

さらにフコイダンは、がん細胞に自滅スイッチを押しても作動しないという事態が起こると
フコイダンが力ずくでがん細胞の表面に穴を開け、がん細胞の中で
パーフォリンという毒素が出しDNAが破壊するのです。

フコイダンの二次攻撃です。

フコイダンのアポトーシス誘導は、いくつもの経路を使って、がん細胞を自滅させる
働きを持っているとされています。

フコイダンのアポトーシス作用は、正常細胞には何も行わず、
がん細胞にだけ作用することがわかっています。

アポトーシス

 <  前の記事 フコイダンのアミノ酸の分析結果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとピロリ菌  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴