Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンのがん細胞 実験1

スポンサードリンク

フコイダンのがん細胞 実験1

フコイダンががん細胞を攻撃することについての実証実験がマウスで行われています。

マウスには1%のメカブフコイダンを混合した飼料を11週間経口摂取させました。
フコイダン特有の免疫増強や抗ウイルス作用といった生理活性の効果を調べるためです。

メカブフコイダン飼料を摂取していたマウスの脾臓を取り出して調べてみると、が高くなっており活性化が確認されました。
マウスの腹腔内で調整した、マクロファージをメカブフコイダンと培養してみると、蛍光ラテックスビーズを加えてその貪食細胞(マクロファージ)の割合をカウントした結果、 メカブフコイダン飼料を摂取していたマウス群の貪食細胞の割合は対照群に比べて高値を示したことが実証されています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2007/05/23 08:32 UTC 版)
マクロファージ(Macrophage, MΦ)は白血球の1つ。免疫システムの一部をになう細胞で、生体内に侵入した細菌、ウイルス、又は死んだ細胞を捕食し消化する。別名大食細胞、貪食細胞とも。名称は、ミクロファージ、小食細胞に対する対語として命名されたが、これは後に様々な機能を持つリンパ球などとして再分類され、名称が死語化した。
がん   

 <  前の記事 フコイダンががんの転移を阻止する2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのがん細胞 実験 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴