Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと海藻の利用 4

スポンサードリンク

フコイダンと海藻の利用 4

フコイダンの培養がん細胞におけるアポトーシスの誘導作用では、がん細胞の胃がん、大腸がん、肺がん、白血球細胞へのアポトーシスを誘発される効果があることがわかっています。
宝酒造 バイオ研究所の開発したU-フコイダンとF-フコイダンの比較では、がん細胞に対してU-フコイダンのみがアポトーシスを誘発される働きがあることが解明されました。

化学物質(アゾキシメタン)により発ガンさせたラットの動物実験においては、飲用水としてフコイダン溶液を摂取させると、延命作用が顕著に見られました。

ヒトの大腸がんを移植したマウスの動物実験では、腫瘍の増殖を抑える抗腫瘍作用が見られ、場合によっては、腫瘍が離脱するという効果さえ見られることがわかり、フコイダンの抗がん作用は広く知られていますが、ガゴメコンブ由来のフコイダンのがんに対する効果も多面的な効果があると確認されています。
がん アポトーシス がん細胞胃がん大腸がん 肺がん 白血球細胞

 <  前の記事 フコイダンの研究 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと海藻の利用 5  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴