Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと突然死 4

スポンサードリンク

フコイダンと突然死 4

フコイダンが動脈硬化に効果があることについて、動脈硬化が進行した時の症状や病気について調べています。

動脈硬化が引き起こす、脳の血管の障害では、脳の疾病を発症し、生命が危険につながってしまいます。がんに匹敵する病気として、メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)が話題になっています。

脳梗塞とは脳動脈が詰まった状態です。脳動脈が動脈硬化を起こし、血栓(血の塊)が詰まることで脳梗塞は発症します。

血流が止まることで、酸素や栄養が詰まった先の部位に供給されなくなるため、脳細胞は壊死してしまいます。
命が助かっても、脳に甚大な障害が起きるケースが多いのが特徴です。後遺症は程度によって様々ですが、重い場合には言語障害や片半身不随やマヒ、意識不明に陥ることもあり、脳梗塞は非常に怖い病気だといえます。

脳梗塞に至る原因は、三つに分類することが出来ます。

「脳梗塞」は心臓などでできた血栓が脳へ流れ、脳の血管を詰まらせることが原因で発症します。

「アテローム血栓性脳梗塞」は、頭蓋内の動脈などで起こった動脈硬化(アテローム硬化)の血栓が原因で、原因から発症までが脳内で起きる疾病です。

「ラクナ梗塞」は脳の深部にある、最小動脈の血栓が原因となって起きる病気です。


 <  前の記事 フコイダンと突然死 3  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと突然死 5  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴