Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと突然死 3

スポンサードリンク

フコイダンと突然死 3

フコイダンは血液の凝結である血栓を抑制する働きがあり、動脈硬化を改善する効果があることが知られています。フコイダンががんへの効果だけではないことも、フコイダンの期待が高まっている理由です。

動脈硬化が進行して、自覚症状が出たときには合併症を発症していた…という、生命線に関わる甚大な病気を防ぐために、動脈硬化の怖さを認識し、日ごろの血圧管理を怠らないことが大切です。

動脈硬化の合併症の中でも脳に関する症例は、脳卒中、脳梗塞、ラクナ梗塞、アテローム血栓性梗塞、脳梗塞、脳出血などがあります。

日本人の死亡原因の第一位は長い間、脳卒中したが、1980年以降次第に減少傾向にあります。

平成15年には脳卒中が死亡原因の第3位になっていることでも、脳障害の怖さが認知され塩分の摂り過ぎなど、改善が進んでいると考えられます。
脳障害で亡くなった人の疾患の内訳は、脳梗塞/a>が最も多く62%、脳内出血が25%、くも膜下出血11%の順になっています。(厚生労働省「平成15年 人口動態統計」)

 <  前の記事 フコイダンと突然死 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと突然死 4  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴