Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと突然死 1

スポンサードリンク

フコイダンと突然死 1

フコイダンは、血栓を作らせない効果があり、動脈硬化を抑制することが判っています。

動脈硬化ととは深いかかわりがあります。

そもそもとは、してから24時間以内に死亡する「予期していない突然の病死」と指します。

日本の現在における死亡総数にしめる死因の割合は、第一位がん(悪性新生物)約30%です。

がん細胞に効果的な働きをするフコイダンへの期待が強くあるのも当然かと思います。

第二位、第三位の死因は、脳卒中がほぼ同数あり、
、脳卒中の両者を合計すると約30%になりると厚生省人口動態統計で発表されています。

も脳卒中も動脈硬化が原因で発症する、循環器系の病気です。
血がドロドロになって、血液が流れにくくなり、血管を弱らせているのです。

血栓ができて詰まってしまうのが梗塞ですが、小さな傷が血管にできてその修復に血小板などが集まって、結果梗塞を起こしてしまうこともまれではないのです。

血管が弱って傷つきやすくなると、など、心臓や脳に関係ない部位でも、命に関わるを余儀なくされてしまうようなもあります。

健康であるためにも、常日頃から血液の流れをよくする食品や、血圧を抑制するような食物なども気にして摂取するとよいでしょう。   梗塞  動脈硬化

 <  前の記事 フコイダンはがん細胞にだけ攻撃  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと突然死 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴