Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンは免疫活性を高める

スポンサードリンク

フコイダンは免疫活性を高める

1996年JFKメディカルセンター(アメリカ)で、フコイダンががんに対し効果があると発表されました。
アメリカでのがんの発症率は、なんと日本の7倍もの患者がいるといわれています。

フコイダンはがん組織を自滅させるアポトーシスの働きを持っています。
フコイダンは、アポトーシスが効かないがん細胞に、二次的攻撃を仕掛けることがわかっています。

フコイダンが身体に与える、健康維持に対しての効能に注目が集まっています。
フコイダンは感染症の防御や、NK細胞をすることが研究で解明されています。
硫酸基と分子し、粘膜に進入し、を損害するのですが、フコイダンの硫酸基がピロリ菌と分子し、ピロリ菌を包み込んだまま胃から排出させてしまうのです。

粘膜は、テニスコートに匹敵するほどの面積であり、そのすべてが層が一つであるために、外部から病原菌の侵入など受けやすく、進入を許しやすい環境にあるため、粘膜は免疫活性と言う、外部からの敵を防御するための強い守りを備えています。フコイダンは、免疫活性に大きな貢献を果たすことが解明されています。
がん  粘膜 

 <  前の記事 フコイダンはメタボリック症候群に効果があるのか?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは医薬品ではない  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴