Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん細胞

スポンサードリンク

フコイダンとがん細胞

フコイダンは、褐藻類と呼ばれる海藻の中に含まれる成分です。日本で摂取される昆布の約90%は北海道から摂取されています。昆布の消費する県別のデーターでは、沖縄県が昆布消費量の一位に、ついで大阪が昆布の消費が高いそうです。

紀元前4世紀に、中国秦の始皇帝が、不老長寿の薬を求めさせるために東方に使者を送り、昆布を持ち帰ったそうです。

フコイダンががん組織にアポトーシスで自滅を促しても自滅スイッチが入らない場合があります。フコイダンはがん細胞のを破壊し死滅させる2経路をもち、がん細胞を徹底的に叩く効果があることが解明されています。

フコイダンのがん細胞を死滅させる研究では、慎重な実験が進められていますが、フコイダンががん細胞に触れさえすれば、アポトーシス誘導が引き起こされ、がん細胞が死滅する働きがあることが解明されています。

フコイダンと同じ多糖体である、アガルクスのβ‐Dという多糖体は免疫力をアップさせるとして知られています。

ピロリ菌は粘液の硫酸基に吸い付くという性質が有ることで、フコイダンの硫酸基に吸い付いてへ流され、として排出されてしまうのです。がん   海藻 硫酸基 ピロリ菌 

 <  前の記事 フコイダンは正常な細胞には無害  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとメタポリック症候群について  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴