Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンは正常な細胞には無害

スポンサードリンク

フコイダンは正常な細胞には無害

フコイダンはがん細胞にだけしか攻撃を加えず、正常な細胞には何も作用をしない無害であることから、、正常な細胞まで破壊する、副作用の強い抗がん剤に変わる代替医療としての期待が強まっています。

しかし、フコイダンの効能のすべてが解明されていないので、としてフコイダンは認められていません。

フコイダンの大きな特徴は、となる機能が働くなって暴走し増殖し続けるがん組織を、アポトーシスを誘導させることで自滅させ消去させることができるのです。
フコイダンはがん細胞のを破壊し死滅させる2経路をもち、がん細胞を徹底的に叩くことが解明されています。

フコイダンが促すは、抗作用、抗作用、抗アレルギー作用、血圧上昇抑制作用、血糖上昇抑制作用、保湿作用、若返り作用などに効果があるといわれています。
ピロリ菌は、胃がんの原因とされ一度感染すると一生住み着いてしまう厄介な菌ですが、フコイダンがピロリ菌を除去してくれるのです。

ヒトので病原菌が繁殖すると、最初は秘や下痢、肌荒れなど体調不良を起こさせますが、粘膜を弱らせ浸入した病原菌は、食中毒だけでなく、ポリープの原因にもなるなど、様々な障害を引き起こすのです。フコイダンは弱っているに、大きな働きかけをすることがわかっています。  ピロリ菌  

 <  前の記事 フコイダン効果は胃に  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん細胞  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴