Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダン効果は胃に

スポンサードリンク

フコイダン効果は胃に

日本の長寿の一位である沖縄県では、海藻はごく普通に一般的な食卓に並ぶ食材としてよく食べられている、おなじみの食材で、昆布の消費量は沖縄が全国一です。

がんに対してもフコイダンの最新的研究が進められています。
フコイダンががん組織の表面に接触すると、がん組織の自滅スイッチが押され、がん組織の核に信号が届き、が破壊され、自滅します。
フコイダンはがん細胞のを破壊し死滅させる2経路をもち、がん細胞を徹底的に叩くことが解明されています。

フコイダンはアレルギー症状で傷ついた皮膚や粘膜を早く修復させる力も持っています。
フコイダンは硫酸基が持つ強力な粘液で、胃の内部の隅々まで保護し。胃の粘膜に浸透し、炎症しているところを修復するように「細胞増殖因子」に働きかけることも解明されています。

フコイダンの人体における実証例では、胃が一年中痛むという、男性38歳と、男性32歳の胃がシクシク痛むという人に、一週間海藻を食べてもらったそうです。食べる前と一週間後を比較すると、二人とも胃の状態が改善され、フコイダンのパワーが実証されました 胃 アレルギー

 <  前の記事 フコイダンはがん細胞を崩す  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは正常な細胞には無害  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴