Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンはがん細胞を崩す

スポンサードリンク

フコイダンはがん細胞を崩す

フコイダンは、海藻のヌルヌル成分の事を総称してフコイダンと呼んでいます。
茶褐色の褐藻類にだけ含まれ、、メカブ、モズクなどが代表的です。
海藻を守る働きのあるフコイダンは、人体においてもフコイダンの保湿作用は肌や粘膜に働いてくれるのです。

となる機能が働くなって暴走し増殖し続けるがん組織を、アポトーシスを誘導させることで自滅させ消去させることができるのです。
自滅する事を忘れ、増殖するがん組織をフコイダンが破壊し、消滅させるのです。

フコイダンが持つの中で、血液の循環障害を防止する効果があるとして注目されています。

フコイダンのがん細胞に対する三重大学の研究では、ヒトのがん細胞の入った培養液に、海藻成分のフコイダン(メカブ由来とモズク由来)を生理食塩水に溶かした溶液を加え、37度に保った培養機で経過を観察しました。モズク由来のフコイダン溶液を加えたものは、24時間でがん細胞が崩れたという実験結果があります。
 海藻

 <  前の記事 フコイダンが、がんを死滅させる  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果は胃に  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴