Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンのアポトーシス効果

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス効果

不良長寿の薬として取り入れられたのが、フコイダンを多く含むと近年注目されている、だったのです。

フコイダンがアポトーシス誘導をして、がん組織の自滅スイッチを押すということは近年の研究で明らかになっています。

フコイダンが促すは、抗作用、抗がん作用、抗アレルギー作用、血圧上昇抑制作用、、保湿作用、若返り作用などがあるといわれています。

フコイダンと同じ多糖体である、アガルクスのβ‐Dという多糖体は免疫力をアップさせる効果があるとして知られています。

ピロリ菌は粘液の硫酸基に吸い付くという性質が有ることで、フコイダンの硫酸基に吸い付いてへ流され、として排出されてしまうのです。

フコイダンのがん細胞を死滅させる研究では、慎重な実験が進められていますが、フコイダンががん細胞に触れさえすれば、アポトーシス誘導が引き起こされ、がん細胞が死滅する効果があることが解明されています。がん  海藻 硫酸基 ピロリ菌     

 <  前の記事 フコイダンと現代医学  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンが、がんを死滅させる  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴