Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと現代医学

スポンサードリンク

フコイダンと現代医学

フコイダンの効果は、現代医学の最先端で認められ、たくさんの患者さんに使われています。
フコイダンが促すは、抗作用、抗がん作用、抗アレルギー作用、血圧上昇抑制作用、上昇抑制作用、保湿作用、若返り作用などがあるといわれています。

研究でフコイダンのメカニズムが、総てが解明されていないのですが、様々なが認められています。

ピロリ菌は、胃がんの原因とされ一度感染すると一生住み着いてしまう厄介な菌ですが、フコイダンがピロリ菌を除去してくれるのです。

フコイダンは、細胞が本来持っているアポトーシスを誘導し、がん細胞の自滅作用を促す作用があるとして、フコイダンの持つ抗がん作用に期待が強まっているのです。がん ピロリ菌 

 <  前の記事 フコイダンの免疫活性  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのアポトーシス効果  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴