Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンは2経路でがんに攻撃

スポンサードリンク

フコイダンは2経路でがんに攻撃

1996年にフコイダンががんの組織を破壊し、がん組織を消滅させるメカニズムがあることが実証されました。

不良長寿の薬として取り入れられたのが、フコイダンを多く含むと近年注目されている、でした。

フコイダンががん組織にアポトーシスで自滅を促しても自滅スイッチが入らない場合があります。
がん細胞に対して、フコイダンはもうひとつの攻撃を仕掛け、がん細胞を死滅させることがわかっています。フコイダンのがん細胞への抑制効果は、このように2つの経路で行われることがわかっています。

フコイダンと同じ多糖体である、アガルクスのβ‐Dという多糖体は免疫力をアップさせるとして知られています。

フコイダンは硫酸基が持つ強力な粘液で、胃の内部の隅々まで保護し。胃の粘膜に浸透し、炎症しているところを修復するように「細胞増殖因子」に働きかける作用があります。

フコイダンを海藻で摂取した場合に、どの程度ヒトの身体にフコイダンが貢献するのかと言うことは、現在の研究では明らかにされていません。フコイダンを摂取することでどの程度がん組織を破壊するかと言うことも臨床段階であり、現在の医学ではとしてフコイダンは認められていません。
 がん アポトーシス

 <  前の記事 フコイダンの血栓抑制効果とメタボリック症候群予防  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンへの期待  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴