Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの研究は進む

スポンサードリンク

フコイダンの研究は進む

フコイダンは海藻に含まれる成分です。
日本で摂取される昆布の約90%は北海道から摂取されています。

昆布やモズクなどの他にヒバマタや、、ガゴメコンブなどにも多くのフコイダンが含まれ、様々な製品に利用されています。

フコイダンががん組織の表面に接触すると、がん組織の自滅スイッチが押され、がん組織の核に信号が届き、が破壊され、自滅します。

フコイダンが促すは、抗作用、抗作用、抗アレルギー作用、血圧上昇抑制作用、上昇抑制作用、保湿作用、若返り作用などがあるといわれています。
フコイダンと同じ多糖体である、アガルクスのβ‐Dという多糖体は免疫力をアップさせるとして知られています。
しかしフコイダンには他の多糖体にはありえない、がんに効果がある働きをしてくれることもわかっています。
世界各国でフコイダンの研究が進められています。

がん  アレルギー 多糖体  

 <  前の記事 フコイダンの血圧上昇抑制とメタボリック症候群の血管障害  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと突然死 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴