Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん細胞

スポンサードリンク

フコイダンとがん細胞

フコイダンは、褐藻類と呼ばれる茶褐色をした海藻のヌルヌルした成分に含まれる成分です。
アメリカでのがんの発症率は、なんと日本の7倍もの患者がいるといわれています。
フコイダンが身体に与える、健康維持に対しての効能に注目が集まっています。

フコイダンがアポトーシス誘導をして、がん組織の自滅スイッチを押すということは近年の研究で明らかになっています。
フコイダンとは多くの糖が集まった多糖体の一種で多くの健康に有効な実例がありますが、まだ解明されていない点も多く残っていて、として認知され、への優しい働きや、がんへの効果など、臨床報告もあがっています。

フコイダンのがん細胞に対する三重大学の研究では、ヒトのがん細胞の入った培養液に、海藻成分のフコイダン(メカブ由来とモズク由来)を生理食塩水に溶かした溶液を加え、37度に保った培養機で経過を観察しました。モズク由来のフコイダン溶液を加えたものは、24時間でがん細胞が崩れたという実験結果があります。がん  アポトーシス

 <  前の記事 フコイダンのアポトーシス誘導  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの働き  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴