Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンのアポトーシス誘導

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス誘導

フコイダンは褐藻類にだけ含まれ、、メカブ、モズクなどが代表的です。

老廃物となる機能が働くなって暴走し増殖し続けるがん組織を、フコイダンがアポトーシスを誘導させることで自滅させ消去させることができます。
フコイダンはがん組織を自滅させるアポトーシスの働きを持っています。

人体においても、フコイダンの保湿作用は肌や粘膜に働いてくれます。
フコイダンとは多くの糖が集まった多糖体の一種で、多糖体とは多くの糖が分子レベルで分子したもので、近年では新たな健康物質として注目されています。

フコイダンは、細胞が本来持っているアポトーシスを誘導し、がん細胞の自滅作用を促す作用があるとして、フコイダンの効果が起こす奇跡のような抗がん作用に期待が強まっています。
がんアポトーシス  

 <  前の記事 フコイダンの健康維持  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん細胞  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴