Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンはがん細胞にだけ攻撃

スポンサードリンク

フコイダンはがん細胞にだけ攻撃

フコイダンが健康に役立つとして史実に残されています。
茶褐色の褐藻類にだけフコイダンは含まれ、コンブ、メカブ、モズクなどが代表的です。


ちなみにフコイダンの認知度は、東京で50人中0人、沖縄では50人中29人(認知度が高い)、ニューヨークでは30人中14人と言う数字があるそうです。
フコイダンが持つの効用は、多くの研究者が行う実験結果から明らかにされています。

フコイダンには多糖体といっても他の由来の多糖体とは違う、大きな特徴を持っています。
フコイダンは、アポトーシスが効かないがん細胞に、二次的攻撃を仕掛けることがわかっていてフコイダンだけが持つがんへの効果と貢献度が注目されている理由です。

人体の中にも、実は硫酸基は存在し、粘液を作り出しています。ですから、フコイダンをヒトが摂取すると、胃に馴染むことが解っています。
抗がん剤の多くは、がん細胞を攻撃するためのものではありますが、副作用も大きく、がん細胞を死なせる代わりに、正常な細胞も破壊し、がん細胞と戦うための免疫細胞まで傷つけてしまいます。がん患者の体力を奪い、がんと戦う基礎的な力を失わせてしまう危険があります。フコイダンが注目されている理由は、正常な細胞に対して何も攻撃せず、がん細胞にだけ攻撃する点で現代医学では困難な抗がん作用として、注目されています。がん   

 <  前の記事 フコイダンの健康への貢献  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと突然死 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴