Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの健康への貢献

スポンサードリンク

フコイダンの健康への貢献

1996年にフコイダンががんの組織を破壊し、がん組織を消滅させるメカニズムがあることが実証されました。

紀元前4世紀に、中国秦の始皇帝が、不老長寿の薬を求めさせるために東方に使者を送り、使者は健康に良好な働きをする食物として、昆布を持ち帰ったそうです。
昆布の消費する県別のデーターでは、沖縄県が昆布消費量の一位に、ついで大阪が昆布の消費が高いそうです。
フコイダンがアポトーシス誘導をして、がん組織の自滅スイッチを押すということは近年の研究で明らかになっています。
フコイダンはアレルギー症状で傷ついた皮膚や粘膜を早く修復させる力も持っています。
フコイダンとは多くの糖が集まった多糖体の一種で、多糖体とは多くの糖が分子レベルで分子したもので、近年では新たな健康物質として注目されています。

フコイダンは、硫酸基のヌルヌルした強力な粘液で、人体で最もフコイダンの効果を発揮するのは、胃だといわれています。がん 硫酸基

 <  前の記事 5.フコイダンを毎日摂取すること  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはがん細胞にだけ攻撃  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴