Top >  フコイダンのがんへの効果 >  1.フコイダンを毎日摂取すること

スポンサードリンク

1.フコイダンを毎日摂取すること

フコイダンは、海藻の褐藻類に多く含まれる、ヌルヌル物質で、
昆布やメカブ、モズクなどが、フコイダンを多く含むとして注目されています。


海藻といっても、海苔などにはフコイダンは含まれず
昆布・などの褐藻類と呼ばれる、茶褐色の種類にだけフコイダンが含まれることが解っています。

フコイダンの健康への効果や効能の大きな秘めたパワーは、近年の研究で大きく取り上げられ、
世界中の研究者の研究が進み、健康医療として、注目されています。

フコイダンは、海藻が潮の流れで傷ついたときに身を守るために、柔軟性を作り、微生物に食べられないように保護するため、バリアの働きをすることがわかっています。

ヌルヌルした成分である、フコイダンは、潮の満ち引きで空気にさらされたり
潮の流れで砂と接触を繰り返す褐藻類の環境で、フコイダンの役割は必要不可欠なものなのです。

フコイダンは、多くの多糖が合体してできている多糖体ですが、
フコイダンの特徴は、硫酸基と分子していることが上げられます。

硫酸基を多く持ち、硫酸基と分子していることが、フコイダンの大きな特徴であり、
フコイダンの効果や効能を働かせるための役割を担っています。

がん  褐藻類 硫酸基

 <  前の記事 5.フコイダンによる海藻の健康効果  |  トップページ  |  次の記事 2.フコイダンを毎日摂取すること  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴