Top >  フコイダンのがんへの効果 >  5.フコイダンによる海藻の健康効果

スポンサードリンク

5.フコイダンによる海藻の健康効果

フコイダンが多く含まれる昆布とは、どんなものがあるのか調べました。

ガゴメ昆布からは、3種類のフコイダンが発見されています。

北海道で摂取されるガゴメコンブag">昆布には、ヌメリが大変多く、松前漬けやとろろこんぶに使用されています。

ヒバマタというは、ノルウェーなどの北欧や、北海道、樺太などに群生し」、やミネラルが豊富に含まれています。

ヒバマタからは摂取されるフコイダンは、化粧品に最も多く使われ、特にノルウェー産のヒバマタのフコイダンから加工されるは、の上昇を抑制し、糖尿病を改善する効果があるとして注目されています。

昆布に比べて、5倍ものフコイダンが含まれているといわれている、オキナワモズク。
沖縄の特産としても有名で、日本の国内の9割のモズク生産量を沖縄産で占めています。

オキナワモズクのフコイダンは、がしやすいことが特徴で
がん細胞の壊死効果、コレステロールを低下させて健康体に戻す効果、アレルギー反応を抑制する効果、特にに効果があると研究発表されています。

モズクのほかに、フコイダンが多く含まれるとされる、の繁殖部分であるメカブにも注目が集まっています。

沖縄県は長寿で日本一を勝ち取ってきた理由は、オキナワモズクをはじめ、多くの海藻類を摂取する食生活が背景にあるといわれていますが、近年、若い層を中心に欧米化の食事形態を取り入れるようになって、長寿日本一位を奪われてしまったといわれています。

日本人は、古くから海藻を多く摂取する人民であり、
健康維持に大きな役割を海藻が果たしてきたといえます。

海藻を積極的に食生活に取り入れ、健康で長生きする生活を送りましょう。

がん  コレステロール  アレルギー    

 <  前の記事 4.フコイダンによる海藻の健康効果  |  トップページ  |  次の記事 1.フコイダンを毎日摂取すること  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴