Top >  フコイダンのがんへの効果 >  1.フコイダンによる海藻の健康効果

スポンサードリンク

1.フコイダンによる海藻の健康効果

フコイダンは、昆布・ワカメ・モズクなどの褐藻類に含まれ、色々な健康への効果をもたらすといわれています。


フコイダンは、昆布・・モズクなどの褐藻類に特有する、ヌルヌルしたぬめり成分で
の一種であり、難しく言うと、フコースという糖と硫酸基が分子した硫酸化フコースと、ガラクトースやなどの糖が多数連結している です。

人間の体には欠かせない成分である、やミネラルなどの栄養成分を
昆布やモズクなどの褐藻類は、海水から凝縮して蓄える性質があります。

潮の満ち引きで、褐藻類が海水から露出してしまい
太陽の光に強く当ったりしても、死んでしまったりしないために
フコイダンの持つヌルヌル成分が、褐藻類を保湿し、水分を維持させ
それが天然の潤い成分として注目されているのです。

古く、中国では、褐藻類ががんの治療薬として用いられてきた歴史もあり
近年の研究で、フコイダンががん組織を自ら死滅させる(アポトーシス誘導作用)が、
フコイダンの効能として知られるようになってから、フコイダンの注目は一段と強まり
世界各国で研究が進められています。がん アポトーシス


モズク
ミネラル

 <  前の記事 2.フコイダンを多く含む昆布  |  トップページ  |  次の記事 2.フコイダンによる海藻の健康効果  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴