Top >  フコイダンのがんへの効果 >  代替医療は、いつから?

スポンサードリンク

代替医療は、いつから?

フコイダン効果に代替医療という点からも期待されていますが、代替医療に近年注目が集まっていますが、いつから注目されるようになったのでしょうか。


新聞、雑誌、テレビ、インターネットなど、多くのマスメディアで
代替医療が大きく取り上げられ、患者さんの間にも、代替医療、
求める声が高まりつつあります。

アメリカでは、世界的な最先端医学研究施設の施設内に
1992年に米国国立衛生研究所(NH)という代替医療事務局が設立されて
代替医療を科学的に研究し、前向きに考えられています。

現在のアメリカでは、「代替医療研究センター」がハーバード大学を始め
20校以上の医学部に設立され、診療や、教育研究が進んでいます。

わが日本でも、について厚生労働省の研究班が、
全国の60箇所以上のがん専門病院やホスピスなどの施設の患者さん数千人を対象に
アンケートをとり、の効果や副作用などを調査してデーターをまとめ、
2002年の秋までのデーターが出ています。


代替医療の特徴は、近代西洋医学に範疇に入らないものの総称で、
西洋医学に対抗した新しい治療法も含まれ、
をはじめ、世界のなども、代替医療、と考えられています。

つまり、良く知られたところで、現代話題のフコイダンや、
中国の・カイロプラクティック、などの中国医学、
アーユルヴェーダなどインド医学のや、・健康食品、、アロマセラピー、、温泉療法など、枚挙に暇がありません。

代替医療と一口に言っても、非科学的なものから、
有効性や作用機構が科学的に証明されているものまで、全てを代替医療と呼んでいると言う事です。がん 代替医療       
  

 <  前の記事 フコイダンに期待、「ガゴメコンブ」  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンが糖尿病にも効果  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴