Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンはがんに効くのか

スポンサードリンク

フコイダンはがんに効くのか

フコイダンは モズクやメカブ 昆布など海藻類のヌルヌル成分に含まれる、多糖類のことを指します。
海藻の中には栄養素が多く含まれ、カルシウム、ミネラル、など良く知られています。

その他に、近年ヌルヌル成分の中に含まれているアルギン酸は、摂取した他の食品のコレステロールの吸収を妨げる働きをすることがわかっていますので、コレステロール値の高い食物を食べたい時に、海藻を一緒に多く摂ることは、健康に効果がある働きをすると思われます。

血圧降下作用が認められているものに、ラミニンという物質があります。

ヌルヌル成分の中に、フコイダンと言う物質が多く含まれることが研究わかってきて、がんばかりでなく、糖尿病、、高血圧、アトピー性皮膚炎、など、生活習慣病といわれる様々なに効果があることがわかってきました。

フコイダンは硫酸化多糖類の一種で、海藻の種類で多少異なるのですが、モズクには特に「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれているといわれており、がんに対して効果的な働きを「硫酸化フコース」「フコース」が行うということが、フコイダンの研究でわかってきています。

フコイダン 糖尿病 コレステロール アトピー性皮膚炎

 <  前の記事 フコイダンはなぜモズクがいいの?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはがんの何に効果があるのか?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴