Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと突然死 5

スポンサードリンク

フコイダンと突然死 5

フコイダンががんに効果があることは良く知られています。
他にコレステロールの抑制や血液をさらさらにするなど、動脈硬化への働きも認められています。

突然に発症する「脳出血」や「くも膜下出血」は前触れがないことが多いのです。

脳には無数の毛細血管があり、酸素と栄養を脳に供給します。

脳内の細い血管は、高血圧の状態が続くことで痛めつけられ、負担がかかり続けることになってしまいます。
脳内の毛細血管が動脈硬化を引き起こしたり、血管が膨らんで動脈瘤を作ったときに、血管が耐え切れずに破裂、脳内で出血するのが脳出血です。

発作を起こす前は頭痛があったり、吐き気がしたりすることもありますが、多くは自覚症状がないまま、突然発作が起こしてしまうのです。

急激な発作の場合は死亡に至ることも少なくありません。

手当てが早かったり、発症した部位が危険なところから外れて一命を取りとめたとしても、言語障害や半身マヒなどの後遺症を残すことが多く、怖い病気です。

「くも膜下出血」は同じ脳出血の一種で、脳を包む毛細血管に動脈瘤ができ、動脈瘤が破裂して発症します。「くも膜下出血」の原因の一つに、高血圧も上げられているために、メタボリック症候群とも関連が深いのです。

脳塞栓 脳出血

 <  前の記事 フコイダンと突然死 4  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンが、がん統合医療で注目される理由―気鋭の医師・研究者による臨床・研究報告  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴