Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり 1

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり 1

フコイダンのがんへの効果が取り上げられています。
フコイダンが、がん組織に徹底的なダメージを与えながら、正常な細胞には攻撃しないフコイダンの副作用を持たない性質が高く評価されています。

がんと免疫力との関係から、フコイダンとがんの関係を探ってみたいと思います。

がん細胞は、人の体のバランスが崩れたときに発症する、特別なものだという感じ方をしてしまうものですが、がん細胞の元となる細胞は一日に3000個ほども、発生しています。

人の身体は、約60兆個といわれるほど、多くの細胞によって成り立っています。
がん細胞の元になる細胞は、人の体の中で普通に作られているのですが、人の身体には免疫機構が存在して、悪い細胞を除去したりウィルスから守ったりして健康を維持しています。

一日に3000個もがんの元とになる細胞が生まれていたとしても、がんを発症することはなく転移もしないのは、免疫が充分に働いているからです。フコイダン

 <  前の記事 海のミネラルパワーフコイダンスカルプマッサージブラシJFC-700  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴