Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの研究 1

スポンサードリンク

フコイダンの研究 1

フコイダンの研究では、宝酒造 バイオ弘前研究所で「ガゴメコンブに含まれる「フコイダン」を利用した健康飲料「アポイダン-U」の開発がされています。

昆布は、古くから食用とされてきた海藻で、味がよく健康にも良いことで日本人の食卓では馴染み深い食品です。
漢方としても昆布は効果が高として用いられ、効用は抗ガン剤、強肝薬、抗浮腫薬等あるといわれています。
民間療法でも古くから根昆布や黒焼き昆布療法が広く認知されていて、高血圧や糖尿病に対する効能や、髪にもよいなど知られています。
フコイダンの研究は近年盛んに行われており、抗がん作用など様々な有効性が発見され、雑誌などでも大きく取り上げられています。

宝酒造 バイオ弘前研究所では、昆布の中でもフコイダンの含有量が多いとされるガゴメコンブについて研究がなされました。
フコイダンの製造方法は各社企業が抽出方法について研究し、フコイダンの有能性を壊さない抽出方法が研究されています。

純度の高いフコイダンであることと、フコイダンそのものの構造や抗がん作用の研究が日夜取り組まれているのです。、フコイダン がん

 <  前の記事 フコイダンと海藻の利用 3  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの研究 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴