Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンで免疫力を高めること 8

スポンサードリンク

フコイダンで免疫力を高めること 8

フコイダンはNK細胞を活発化させ、体内の免疫細胞の働きを高める効果があります。

副交感神経を優位にするための食事とは、どのような食品を摂取すると効果が出るのでしょうか。
食事療法では、「全体食」といわれる、たとえば皮や葉っぱであったり、頭から尻尾までである生きているものの全てを摂取することにバランスを保つための栄養素が含まれていると考えられています。

日常生活の中での全体食では、玄米があります。白米にして口当たりを良くするのではなく玄米に含まれる全ての要素を食するというものです。
小魚などは小さくて丸ごと食べることが出来るので、サクラエビやイイダコ、カタクチイワシや煮干などの魚介類、シイタケなどのキノコも全体食になります。小さいものほど全部食べることが出来る要素が強くなります。

キノコは日本においても海外においても美味しい食材として広く使われています。
免疫力を高める効果があるということを、知らないで食している人も多いのではないでしょうか。アガリクスががんに効く効果があることで知られているように、キノコ類には免疫力を高め、人の体の治癒力を強くしてくれる効果があるのです。
  

 <  前の記事 「がん」になってからの食事療法―米国対がん協会の最新ガイド |米国対がん協会  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンで免疫力を高めること 9  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴