Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと突然死 2

スポンサードリンク

フコイダンと突然死 2

フコイダンは、血栓を作らせない効果があり、動脈硬化を抑制することが判っています。


動脈硬化ととは深いかかわりがあります。

における割合は非常に高い60%を占めており、命に大きな影響を与えている心臓の健康状態が生命線に関わることがわかります。

瞬間死という、発症後一時間以内に死亡するものも心臓の中にはあります。
原因は心筋梗塞です。

としても高い確率で死亡の原因になっている、脳卒中には脳梗塞、脳出血、脳出血などがあり、を免れても重度の後遺症をのこす植物症などの場合もあります。

胸部・腹部などものその他の症例であります。
これらの原因となる病態はすべて動脈硬化が原因なのです。

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)が注目され、肥満、高血圧、糖尿病、の関連性が一つの病気として考えられるようになり、大きく取り上げられています。

血管を動脈硬化からまもるための必要性が、世界各国でクローズアップされているのです。

動脈硬化は恐ろしい病態で、家族からあなたを突然奪ってしまうのです。
を防ぐためにも、脳血管、心血管、全身の大血管をチェックし、努力をすることが大事です。

    梗塞  動脈硬化 

 <  前の記事 フコイダンと突然死 1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの働き  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴