Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとアガリクス効果の違い2

スポンサードリンク

フコイダンとアガリクス効果の違い2

フコイダンもアガリクスも多糖体であり、がんに効果がある物質として知られています。
アガリクスとは、ブラジル南東部の山地が原産地で、「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」という学名を持つ、「姫マツタケ」の通称で呼ばれている、柄の長い、傘の形はマッシュルームに似たキノコです。

アガリクスには、「β-D-グルカン1-3、1-6」といったが、物質として注目を集め有効な成分として知られています。

1-3、1-6」は、免疫力を活性させ高める作用を持ち、身体の中に存在する免疫細胞を強化することで間接的に効果があることが知られています。

(複数のきのこからしたもの)とは物で、
」や「β-D-グルカン(1→3)」などのを豊富に含む担子菌を大量培養することによって作られます。

このもまた、がん細胞にアガリクスと同様に、わたしたちの体のマクロファージやナチュラルキラー細胞など免疫細胞の働きを強化させ、免疫力を高めるという間接的なはたらきをします。

というを熱水し、と分子させる形で処理を施していて、と呼ばれるでアガリクス茸や霊芝等の薬用キノコと同様にの働きが期待されています。

つまり、アガリクスやと同じように、人間が本来持っている免疫力を強化し、の免疫細胞をさせることが目的です。
フコイダン    

 <  前の記事 フコイダンとアガルクス効果の違い1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとアガリクス効果の違い3  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴