Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとアガルクス効果の違い1

スポンサードリンク

フコイダンとアガルクス効果の違い1

フコイダンの効果はアガリクスを超えたと言われえていますが、どんなものなのでしょうか。

フコイダンとアガリクスの効果の違いについて、検証してみたいと思います。

新聞・雑誌・書籍・マスコミなどから多く取り上げられているアガリクスや(複数のきのこからしたもの)、D-フラクションを用いたは大きな反響を呼んでおり、たいへん多くの愛用者の方がいます。

」という成分が、これらの「きのこ」系の健康食品には含まれていて、
この成分の効果でがんに効くとされているのです。

アガリクスやに含まれる、「複合体」というには、
がんに効果のある強力な免疫賦活作用があることがわかっいています。

複合体」のなかでも、「β-(1→6)-D-グルカン」や「β-(1→3)-D-グルカン」など特定のが、免疫賦活作用(免疫を強力に向上させる作用)のはたらきを持っていることに注目したアガリクスの効果です。

免疫を強力に向上させる作用にあたる「」の免疫賦活作用のはたらきにより、
人間が本来もっている免疫力をさせることを目的とし、副作用も起こさずにマクロファージやナチュラルキラー細胞、などの免疫細胞の力を増強させ、間接的にがん細胞を攻撃しようというものです。

がん組織に直接働きかけているわけではなく、人間の免疫細胞を増強させることによってがんを攻撃しようとする考え方です。

フコイダン    

 <  前の記事 フコイダンの血管新生の抑制  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとアガリクス効果の違い2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴