Top >  フコイダンとは >  フコイダン茶をヤクルトが新発売

スポンサードリンク

フコイダン茶をヤクルトが新発売

フコイダン茶をヤクルトが新発売

ニュースリリース 2005年03月24日

健康茶飲料「フコイダン茶」をヤクルトが新発売、原料は沖縄モズクフコイダン

株式会社ヤクルト本社が2005年4月から、健康飲料「フコイダン茶」を
全国販売している。

ヤクルトでは、沖縄モズクをとする「フコイダン」に注目し、機能性素材として研究、開発を進めていた。

ヤクルト独自の製造方法(製法特許申請中)によって沖縄モズクからしたフコイダンを用い、ヤクルト研究所および東京警察病院センターと共同研究を行ってきた。

平成15年に、ノンカロリー、ノンカフェインの胃に優しい健康茶「いたわり茶」を発売、
フコイダンの機能性を訴え、売上の拡大を図ってきた。

今回は、フコイダンとの関連性を広く訴える事を目的に、「いたわり茶」の名称を「フコイダン茶」に変更するという考えだ。

パッケージもフコイダンの素材感を強調するデザインに一新し、従来からの混合茶葉(はぶ茶、柿の葉、どくだみ)に延命草を加え、機能性を訴える試みだ。

「フコイダン茶」を含む健康茶飲料市場は各社から相次いで特定の機能を訴えた健康茶が発売され、健康志向の高まりとともに激戦状態といえそうだ。
がん 血栓 

 <  前の記事 2 フコイダンが転移を阻止  |  トップページ  |  次の記事 1 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴