Top >  フコイダンとは >  フコイダンの純度の意味

スポンサードリンク

フコイダンの純度の意味

フコイダンの研究の第一人者である元ボストン大学医学部の客員教授、
大石一二三博士 (秋川研究所)によると

フコイダンの効果がある必要な条件は、二つあるそうです。

1 フコイダンの純度

2 フコイダンの製法


この二点が、フコイダンの価値を決定するといわれています。

まずフコイダンのについてお話したいと思います。


現在、フコイダン製品のとして採用されているものは
モズクです。

フコイダンはモズクに限らず、多くの海藻に含まれています。
わかめ、昆布、もそうです。

多くの海藻の中で、何故モズクが選ばれるのか。

モズクから摂れるフコイダンは、が高く、
どの海藻よりもモズクが珍重されているのです。

ここでいう「フコイダンの」とは、単純に商品に表示されている
「フコイダンの含有量」ではありません。

フコイダンを構成する糖には、
○キシロース
○ガラクトース
○フコース
○ウロン酸
等の種類があり、フコイダンのとなる海藻の種類によって
化学組成が少しずつ違うのです。

フコイダンが注目を集めた頃の時期には
1 「フコース」だけで出来ているものを「フコイダン」と呼び

2 他の糖も含んでいるものを「フコイダン様多糖体 」と呼んでいたのですが

●現状では、上記の二つとも全てひっくるめて「フコイダン」と呼んでいます。

フコイダンを、どの「フコイダン」を指して「フコイダン含有量」というのかは
それぞれのメーカーによって考え方が違い、捉えかたも違います。

単純に、「フコイダン含有量」という表示だけで
が低いか、高いかの判断が付きかねるのです。


フコイダン  研究 効果

 <  前の記事 フコイダンはどうやって選んだらいいのでしょうか  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの純度を見分けるためには?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴