Top >  フコイダンとは >  フコイダンの製法と硫酸基結合量について

スポンサードリンク

フコイダンの製法と硫酸基結合量について

フコイダンが発見された歴史は古いのですが、
解明されるまでに長い時間が過ぎ、
フコイダンが広く注目をを集めるようになって10年ほどしか経っていません。

10年の間に、フコイダンの効果は広く認知されるようになり
大変多くのフコイダン商品が開発されるようになりました。

商品にはそれぞれ特徴があり、フコイダンと名乗っていても
全てが同じものではありません。

フコイダンには、それぞれ素材や摂取された場所、特性などに
大きな違いがあるのです。


フコイダンを含む海藻は多くあり、海藻の特性によってフコイダンも変わってきます。

海藻を摂取する産地の違い(海洋の資質が大きく作用します)

フコイダンの製品の製法の違いが吸収に大きく関わってくるので、大事な部分です。

フコイダンの抽出技術の違いでも、フコイダンそのものが変わってくるので
どんな抽出方法なのかも見落とせないところです。

フコイダンが持つ硫酸基の量がどのくらいあるのか、ここも大切です。

製品のフコイダンにも、不純物が多く含まれるものもあって、の違いも大事です、

フコイダンの吸収についても、その製品によって変わるので
身体に吸収されやすい大きさであるのかも、要素として外せません。

どんな商品でも、特質された性質があるので、
フコイダンの製品ごとに性格が出来るわけですね。

このように、一言にフコイダンといっても色々な製品が溢れている状況ですが
フコイダンの研究で第一人者である秋川研究所の大石一二三博士
(元ボストン大学の客員教授)は

フコイダンの効果が優れているかいないかを決定するものは
フコイダンの製法 と フコイダンの (硫酸基結合量) の違いだけだ

このように、製品に違いがある事を示して、警笛を鳴らしています。
フコイダン

 <  前の記事 フコイダンとは何を指すのか  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはどうやって選んだらいいのでしょうか  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴