Top >  フコイダンとは >  フコイダンの胃腸への働き

スポンサードリンク

フコイダンの胃腸への働き

フコイダンの効果として、ピロリ菌にも作用することがわかっています。

フコイダンの硫酸基は、胃液に同じ性質を持っていて、ピロリ菌の廻りにびっしりと張り付き、ピロリ菌が胃の表面の粘膜に結びつくのを邪魔する効果があるのです。

、急性胃炎、慢性胃炎の原因菌ピロリ菌が胃壁に浸入するのを防ぐフコイダンの効能が認められており、またの修復も行うことが明らかになっています。

フコイダンは、の薬としても効果が高く期待を寄せられています。

水溶性のであるフコイダンは、の働きにも作用し、フコイダンが水を包み込む形でを柔らかくするとともに、発酵してを刺激し通を良くします。

コレステロールの排出、血糖値の急激な上昇を防止など効果があるのでフコイダンは高脂血症、動脈硬化、糖尿病をも改善します。

Th2細胞のインターロイキン-4生産系を抑制し、IgE(免疫グロブリンE)の産生を抑制すると考えられていて、フコイダンの抗アレルギー作用の事例の報告ではアトピー性皮膚炎だけでなく花粉症等にも効果があったということです。

フコイダン   

 <  前の記事 フコイダン療法の効果効能  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの口臭予防・体臭抑制  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴