Top >  フコイダンとは >  フコイダンの発見

スポンサードリンク

フコイダンの発見

フコイダンの発見は、今から90年ほど前の1913年にスウェーデンの大学教授 Kylin氏により
昆布などの褐藻類の粘質物から発見され、Kylin氏よって「フコイダン」と名づけられました。

食べることが出来る海藻類のうち、特に褐藻類であるモズク、昆布、わかめ、、メカブなどの表面を覆うヌルヌル成分にフコイダンは含まれています。

褐藻類の中でも 特にモズクには「フコイダン」の含有量が特に多いことがわかっています。

フコイダンのヌルヌルした物質は、海藻類の表面が傷ついたときに、傷口からなど身体に悪いものが進入しないようにするためのバリアの役をしたり、潮が引いたときに空気中にさらされるときに、海藻が乾燥してしまわないように保護する効果があるのだと考えられています

フコイダンは(フコース、ガラクトース、、キシロースなど)が鎖のようにつながれ集まった状態になったものと、硫酸やウロン酸が強いマイナス電化を帯びて結びついた硫酸化(硫酸化フコース)の総称を「フコイダン」と呼んでいます。

硫酸化フコース(フコイダン)の分子の大きさは(分子量)は、通常では3万~20万ダルトンと巨大な の構造となって、そのままでは人間の小腸からは吸収されません。

アガリクスで「では有名ですが、フコイダンとはまったく性質の異なる成分です。

今までは、「アルギン酸」の効能が 海藻の成分の中でも広く知られており、としても多くの効果が利用されています。
フコイダン   

 <  前の記事 フコイダン効果『発掘!あるある大事典』より  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンがマスコミに取り上げられるまで  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴