Top >  フコイダンとは >  フコイダンはなぜモズクがいいの?

スポンサードリンク

フコイダンはなぜモズクがいいの?

フコイダンが一番多く含まれる海藻は、モズクやメカブ、コンブ、海藻類全般のなかでも、
もずくがトップで、コンブの約5倍もフコイダンを含んでいます。

ホンダワラなどの褐藻類の藻に付着して生育することから、「藻付く」(もずく)と呼ばれるようになったといわれています。

モズクはナガマツモ科の海藻で、
東北地方から沖縄までの海域で、静かな湾内を好み日本海・太平洋岸などに生息しています。

食用とされているのはイトモズク(ホソモズク)とオキナワモズク(フトモズク)の2種類ですが、
栄養価が高く食感などもよいことからオキナワモズクがよく食用になっていて
国内で消費されるモズクの90%以上がオキナワモズクであり、養殖技術が発達し
ノリと同じように盛んに養殖されています。

しかし、日本国内のモズクよりも南太平洋諸島近郊の海が、
汚染もなくミネラルが多く含まれていることから、高品質で高濃度のフコイダンを抽出する
フコイダン効果を期待できる原材料として南太平洋産のモズクが使われています。

フコイダン  モズク ミネラル

 <  前の記事 フコイダンの海藻における働きと作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはがんに効くのか  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴