Top >  フコイダンとは >  フコイダンはフコース含有硫酸化多糖

スポンサードリンク

フコイダンはフコース含有硫酸化多糖

フコイダンの成分は、褐藻類に属するモズク(もずく)やワカメ、メカブ、コンブなどの、
海藻の表面に独特のネバネバの中に存在します。

フコイダン(ふこいだん/fucoidan)は
海藻独特のヌメリ成分に多く含まれる、硫酸化多糖類の一種で

主要成分を「フコース」と呼ばれるであり
硫酸基がこのフコースに結びついた糖のことを指します。

フコイダン効果を、わたしたちの体内で充分に発揮するには
この硫酸基の含有量が重要で、13%以上分子していなくてはならないとされています。

フコイダンのにされる海藻の種類によっては、キシロース、ガラクトース、
ウロン酸、などをフコース以外のとして含むものもあります。

フコイダンは、構成や構造が海藻の種類によって異なり、
さまざまな構造のフコイダンが存在しています。

したがって、現在一般的に使用されるフコイダンという名称は
同一構造の物質を指すのではなく
フコース含有硫酸化多糖(主成分がフコースである【糖鎖】)の総称として
使われているのです。
フコイダン 海藻

 <  前の記事 フコイダンとピロリ菌  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの海藻における働きと作用  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴