Top >  フコイダンとは >  フコイダンの効果について 3

スポンサードリンク

フコイダンの効果について 3

フコイダンは、近年の研究で様々な効果が実証されて、抗癌(がん)・抗腫瘍・抗アレルギー・肝機能向上作用など大きく働きかける効果があることが解明され、数々の学会でも大きく取り上げられ、TVや雑誌などのマスメディアでも話題になることが多く、広く認知され始めています。

フコイダン効果の機能は、主に簡単に次のようなことがあげられます。

系の改善作用 
血流をさらさらにして血栓を取り除き、粘膜や皮膚、血管の傷などの修復を早め促進する

阻止作用
血管や血に働きかけ、動脈硬化の促進を食い止める働きをしてくれる

低下作用 
コレステロールを低下させ、弊害する余病を予防する。

・抗がん、抗作用 
がん細胞を攻撃するフコイダンの効果には、複数の経路があり、副作用が全くないことが解明されています。胃液とフコイダンの成分が似ているために、ピロリ菌が合体しやすくピロリ菌を包みこんで、体外に排出させてしまう。を阻害させる

・免疫を高める免疫活性作用
フコイダンの効果が、粘膜免疫の反応を活性化させ、免疫細胞を活性化させることにつながる

 <  前の記事 フコイダンの効果について 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果について 4  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴