Top >  フコイダンとは >  フコイダンの効果について 2

スポンサードリンク

フコイダンの効果について 2

フコイダンは健康に対する不安が大きく高まっている世情の反映を受けて、大きな市場に成長した健康食品です。
多くの疫病は、発症する前の通常の生活習慣を改善することで、予防することが出来、健康維持には生活そのものの改善が必要であるという考え方が一般的になったことで、フコイダン効果に対する注目は高まっていると考えられます。

フコイダンの今後は、がんを初めますます多くの疾病は未然に防止できるという考えから、科学的な根拠(エビデンス)に基づいた心身ともに健康で活力ある生活を続けたいと願う社会に貢献するように、研究が進められ商品開発などが行われていくでしょう。

フコイダンとは、モズクや、昆布などの海藻の中でも褐藻類とよばれる茶褐色のもつヌルヌルした成分の中にある主要成分で、硫酸化多糖類(硫酸化フコースポリマー)の事を指します。

フコイダンは発見された歴史は古く、1913年にスウェーデンの学者のキリン(Kylin H.Z.)によって発見されました。
しかしフコイダンの研究が活発になったのは近年になってからで、1980年になるまでほとんどフコイダンは注目されていませんでした。
 がん

 <  前の記事 フコイダンの効果について 1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果について 3  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴