Top >  フコイダンとは >  フコイダン、多糖体の効果とは 3

スポンサードリンク

フコイダン、多糖体の効果とは 3

フコイダンは多糖がたくさんくっついた多糖体と呼ばれる成分です。
多糖体は、細胞膜を形成する、人体で欠かせない物質です。

細胞と細胞の間には、マトリクスと呼ばれる細胞間物質が詰まっています。
美肌で有名なコラーゲンもラミニンと呼ばれる、タンパク質もマトリクスに含まれます。

マトリクスは多糖体(多糖類)とタンパク質があります。多糖体の多くは、プロテオグリカンというタンパク質が結合した巨大複合体として存在しています。プロテオグリカンは細胞の表面にもある物質です。

糖脂質や多糖類、コラーゲン、ラミニンのようなマトリクス分子は、細胞同士の結びつきや、細胞の増殖に大きな影響を与え、免疫系の白血球細胞の増殖停止と分化にも糖脂質が重要であることが、自治医大の研究で解明されています。

ヒト由来のがん細胞の増殖は、糖脂質を与えることでがん細胞の抑制が行われることが岡山大学の研究チームによって解明されています。
がん 多糖体細胞

 <  前の記事 フコイダン、多糖体の効果とは 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果について 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴