Top >  フコイダンとは >  フコイダンの分子の大きさ

スポンサードリンク

フコイダンの分子の大きさ

フコイダンが体内に吸収されるか、吸収されないか、
これは、フコイダン小分子の大きさが原因です。

人間が腸の粘膜が吸収できる分子の大きさは
約 3,000から4,000と言われていますが、

フコイダンは、人間が吸収することは全く出来ない超物質で、
そのフコイダンの分子の大きさは20万から100万もあるのです。

食べ物を摂取した場合は、そのような物質でも
で細かく分解し消化することで分子を小さくし、
吸収への道のりをたどるのですが

フコイダンを分解したり消化したるするために必要な
人間のに備わっていないために、フコイダンはほとんどを吸収されることなく
大概に便とともに排出されてしまうのです。
(全く吸収されることがないわけではありません)

フコイダンを吸収するために必要なことは、最初からフコイダンの分子を細かくして
吸収されやすい形にしておく必要があるということが、大事になるわけです。

もちろん、フコイダンの分子を細かくすることと、硫酸基を失わないように細かくする製法を持って
フコイダンの製品化をする必要があります。
フコイダン効果には、吸収も大事な要素であるかもしれません。


フコイダン

 <  前の記事 フコイダンは何故健康食品になっているのか  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果、トンガ海溝からの海水  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴