Top >  フコイダンとは >  フコイダンの免疫活性

スポンサードリンク

フコイダンの免疫活性

日本の長寿の一位である沖縄県では、海藻はごく普通に一般的な食卓に並ぶ食材としておなじみの食材です。
遠く200年前に中国の秦で、の薬として取り入れられたのが、フコイダンを多く含むと近年注目されている、だったのです。

フコイダンだけではなく、様々な由来からなる多糖体が健康に役立つとして注目されています。
ただ、フコイダンには多糖体といっても他の由来のとは違う、大きな特徴を持っています。それががん細胞に対するアポトーシス誘導です。
フコイダンを他の健康食品と大きく異なるのは、硫酸基と言う物質と分子していることで、様々な効果を生み出しているのも硫酸基の働きによるものです。

フコイダンは感染症の防御や、NK細胞をすることが研究で解明されています。

ピロリ菌は粘液の硫酸基に吸い付くという性質が有ることで、フコイダンの硫酸基に吸い付いてへ流され、として排出されてしまうのです。

フコイダンを多く含む海藻類を毎日摂取することで、どのような効果が期待できるでしょうか。海藻類を一週間摂取してもらった実証例では、血液検査をし免疫に関わるリンパ球の一つであるNK細胞の活性度を調べたところ、3人のうち二人がしたという結果がでました。がん  海藻 硫酸基 多糖体 

 <  前の記事 フコイダンへの期待  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと現代医学  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴